【宿泊記】妙義グリーンホテル&テラスの夕食しゃぶしゃぶが豪華すぎた!

ホテル
この記事は約10分で読めます。
ジョー
ジョー

こんにちは!(@chiropiyo0331)です。

今回は、「日本のホテル100選」に選ばれていて、夕食・温泉に定評がある妙義グリーンホテル&テラスに宿泊してきました。

この記事では、妙義グリーンホテル&テラスに宿泊してみた感想・レビューを紹介していきたいと思います。

「妙義グリーンホテル&テラスに宿泊したいけど、どんなところか気になる人」「富岡・妙義周辺でおすすめのホテルを探している人」にとっては、最適な記事になっていますので、最後までぜひお読みください。

\「日本のホテル100選」に選ばれたホテル/

妙義グリーンホテル&テラスの宿泊に適した人は

富岡・妙義周辺には約20~30件以上のホテルがあります。世界遺産に登録された富岡製糸場、日本三奇勝の一つである妙義山があることから、観光目的やゴルフ目的で宿泊する人が多くいます。

今回は、ホテルと隣接している妙義カントリークラブでゴルフする目的で、妙義グリーンホテル&テラスを選びましたが、実際に宿泊してみた結果として、妙義グリーンホテル&テラスの宿泊に適した人は、以下の通りです。

・宿泊してのんびりゴルフをしたい
・お酒をたくさん飲みたい
・富岡製糸場を観光したい

順に解説します。

1つ目は宿泊してのんびりゴルフをしたい人です。

大多数がこの理由でホテルを選ぶことになると思いますが、同敷地内には、妙義カントリークラブがあります。
コースのどこからも秀峰、妙義山を望むことができ、戦略性に優れた本格的なチャンピオンコースです。
ラウンド前後は時間に余裕がない、かつ疲れが出やすいので、隣に宿泊施設があるのは便利です。

2つ目は、お酒をたくさん飲みたい人です。

夕食には、なんと!!ビール、日本酒、焼酎などアルコール飲み放題がついています。
お酒好きにはたまらないサービスが存在するのは、富岡・妙義エリアではこのホテルだけです。


最後に、富岡製糸場を観光したい人です。

富岡製糸場は、1872年に明治政府が製糸業の近代化を図るために設立した官営模範工場で、2014年6月に世界遺産登録されたことで有名な観光名所の1つとなっています。
ホテルから富岡製糸場まで車で30分以内で比較的アクセス場所にあります。

今回、ジョーは妙義カントリークラブでプレイした後、当ホテルにそのままチェックインしたので、客室と温泉でのんびり過ごすことができました。

楽天GORAで妙義カントリークラブを予約する

妙義グリーンホテル&テラスへのアクセス

妙義グリーンホテル&テラスは、シングルルームからゆったりとしたスペースを持つツインルーム、落ち着いた雰囲気の和室までの各部屋を提供し、全館バス付・Wi-Fi完備、地下2000mの自家源泉から湧き出る天然温泉をもつホテルです。

妙義山の散策や近隣レジャーのみならず、妙義カントリクラブでのラウンド後に家族・友人と妙義温泉を堪能できます。

上信越自動車道「富岡IC」から車で約15㎞、「下仁田IC」「松井田妙義IC」から車で約15㎞の距離に位置します。

妙義グリーンホテル&テラスの宿泊プラン・料金は?

妙義グリーンホテル&テラスでは、何と言っても、しゃぶしゃぶ+アルコール飲み放題付の夕食バイキングプランが人気です。

実際に予約して宿泊したプランは、妙義カントリークラブでラウンドしたかったので、楽天GORAの「温泉付宿泊ゴルフ【当日泊】飲み放題付」を選択しました。
ホテル(1泊2食付)+1R(昼食付)がついて、14,290円でした。時期は12月の平日です。

ゴルフを1ラウンドして、ゴルフ場での昼食、ホテルで天然温泉と夕食・朝食付いて、この値段はとにかく安すぎ!

他人におすすめしたくせんが、ここは泊まる前からリピ確定です。(笑)

妙義グリーンホテル&テラスのホテル概要

それでは今回宿泊した、妙義グリーンホテル&テラスの詳細を紹介したいと思います。

宿泊当日は、妙義カントリークラブでラウンドしたためゴルフプレイ後そのままホテルに向かいました。

ホテルの駐車場(無料)は、妙義カントリークラブと併設なので、車を移動させることなく、チェックインが可能です。ゴルファーにはうれしい!!

ホテル正面玄関から撮影しましたが、駐車場の右側の建物がクラブハウスなので、めちゃくちゃ近い!!

チェックイン

ゴルフ場のクラブハウスに近い雰囲気がありますが、玄関入って正面右手にフロントがあります。

天井高で中央を見上げると、大きなおしゃれシャンデリア。華やか。

限界入ってすぐ右手には、2つの卓球台とゲームコーナー、子供が輪投げなどで遊べるエリアもあります。

奥には、パターマットも敷いてありました。

15時~16時台は、ラウンド後に流れてくるお客さんも多く、少し待ちましたが、チェックイン自体はすぐに終わりました。

ルームキー、夕食券、朝食券を受け取って奥のエレベーターに進みます。夕食は17:30以降であれば、どの時間でも問題ないとのことで、とても融通が利く。あとはお腹と相談。¥

チェックアウトは10時30分とのこと。少しのんびりできる!やったぜ。

翌日ゴルフプレーの場合の精算方法

・翌日に妙義カントリークラブでプレーする場合の精算は、まとめて妙義カントリークラブになるので、チェックアウト時はルームキー返却のみになります。

客室

今回、宿泊した客室は、10階の禁煙10畳の和室部屋。
夕食が1Fで、朝食は10Fで会場が異なるので、注意が必要。夕食が10Fでも外は真っ暗で、ゴルフ場や妙義山は見渡せないから1Fなのでしょうか。

10Fのエレベーターホール。2基あるので、利用していて特に混雑は感じません。

客室は1015室なので、一番奥の角部屋であることがわかります。
緑のカーペットが印象的で、とても清潔感あって綺麗。最近張り替えたのかもしれないですね。
廊下には自販機があるのを確認!

部屋の鍵はオートロック式で昔のホテルにはよくみかけるタイプです。
お隣の部屋と近いのが気になったが、鉢合わせをしないことだけを祈る。

客室は10畳とあるが、1畳の畳が小さい!感覚的には8畳くらいか。角部屋のせいか縦長の和室。

テレビ周りには、アナログ時計、エアコンリモコン、ゴミ箱。ゆかしポット、ティーなど。
困ったらこの辺りを探せば何か見つかりそうである。

テレビの下には、湯吞みとグラスコップ、伊藤園の緑茶、ほうじ茶があります。

1Fに無料サービスで製氷機があります。20秒間で大量に出てきます。トングも貸し出し有。

テレビの前には、小さな木製のテーブルと座布団が3枚。寄りかかるところが壁しかないのが難点。

ルームキーと朝食券、夕食券は客室ドアの右手にある小スペースに置くことに。
朝食券は人数分で、夕食券は部屋毎に1枚。

ちゃんちゃんことお風呂セットは、客室入り口付近にあり。人数に対してハンガーの数が少ない!

お風呂セットはバスタオルとフェイスタオルと浴衣。歯磨きは洗面所にあります。浴衣のデザインは普通です。

他アメニティグッズはフロント横にあります。温泉はB1Fにあるので、手に空きがあればチェックインのタイミングでアメニティグッズを取った方が効率的。

気づきにくいですが、金庫と冷蔵庫は2段になっているふすまを下段を開けるとあります。
エコ活動の一環で、冷蔵庫の電源は入っていないので、冷蔵庫内のつまみを回して、電源を入れましょう。

バスルーム・洗面台

洗面台は清潔で、かなり広い。
フェイスタオルは後ろ、他コップと歯磨きがあります。

アメニティBARには、綿棒、カミソリ、くし、ヘアブラシ、シャンプーキャップ、その横には、浴衣が置いてあります。

洗面所の奥には、トイレとバスルームがあります。
ここにはスリッパがないので、タオルバスマットを敷きましたが、ちょっと小さい。

B1Fに天然温泉があるので、使用する必要はないですが、バスルームも清潔で、十分足を伸ばせるスペースあり。

シャンプー類は、DHC製品でオリーブの美容効果を追求したこだわりのヘア&ボディケアシリーズ。男女・年齢を問わずどなたにも好感をもって利用できますね。

妙義グリーンホテル&テラスの天然温泉

天然温泉はB1F。エレベーター降りたらすぐです。
左側の下足箱にスリッパを入れて、素足で移動します。左側が男湯、右側が女湯。

男性の湯のれん。天然温泉 長寿の湯と書いてあります。
温泉に入って、長生き!!

女性の湯のれん。

脱衣所は広々。イスが数個に有料マッサージ機や体重計がありました。

常温水と冷水のウォーターサーバがあるのがうれしいですね。

妙義グリーンホテル&テラス じゃらんHPより引用

地下2,000mより湧き出る美人の湯ともいわれる泉質は、「炭酸水素塩泉」で、6000万年前の太古の海のエキスが含まれているそうです。

床がつるつる滑りやすいのと、シャワーを固定したまま水圧を強くするとシャワーヘッドが飛び出して、他の人にかかるので、シャワーの利用には十分注意してください。
シャワーの水圧が強いのはいいんですけどね。

露天風呂は、狭くて、3人くらいが限界です。夜だと辺りはゴルフ場なので、何もみえません。
湯加減はちょうどよい感じで体感41℃ほど。

妙義グリーンホテル&テラスにサウナはありません。

妙義グリーンホテル&テラスの夕食

お風呂上りは夕食会場へレッツゴー♪
夕食会場は1Fのコンベンションホール。平日宿泊でしたが、混雑なく入場。

夕食は80分のしゃぶしゃぶバイキング+アルコール飲み放題。しゃぶしゃぶだけでなく、サブメニューとして、お寿司、お刺身、合鴨ロース、もつ煮、カキフライなどボリュームたっぷり。

お寿司は、エビ、イカ、まぐろの3種のみですが、あくまでもメインはしゃぶしゃぶです。

セルフサービスですが、お肉は、5種類で、ロース、豚肉、肩ロース、鶏つくね、牛肉。
これだけでも食べきるのが精一杯…。
肉はやわらかく、でも程よく厚く、食べ応えがあります!国産ではなさそう。

野菜は、ねぎ、水菜、白菜、しめじ、もやし。大量の野菜を摂取しちゃいましょう。

他にも、しいたけ、しらたけ、香味野菜、うどんがあります。うどんまでは食べ切れない!(汗)

他にもサラダ、こんにゃくなど豪華なメニューがたくさん!!
セルフなので、80分だと少し足りないかもしれません。

アルコール飲み放題は、生ビール、酎ハイ、ハイボール、梅酒、一番札、さつま司、ブラックニッカ、宝焼酎、ビーフィーター・ジンがありました。

妙義グリーンホテル&テラスの朝食

朝食は、11Fのスカイレストラン飛行船です。入り口付近にコーヒーサービス。

朝食バイキングは品数豊富で、切り干し大根、きんぴらごぼう、卵焼き、温泉卵などの定番和食メニューを中心にパンや中華メニューもありました。

群馬県の郷土料理であるこしね汁も提供されています。
ごぼうや里芋、ニンジン、豆腐、豚肉など、たくさんの野菜が入っていて美味しかったですよ!

ゴルフ場、妙義山ビューになる窓際のテーブル席がおすすめです。
朝早くからプレーしている組がいます。

妙義グリーンホテル&テラスの売店

1階フロント横に、売店があります。
チェックアウトしてからも、お土産購入することができるので便利です。

妙義グリーンホテル&テラスに宿泊した所感

今回は、ゴルフラウンド後の宿泊場所として利用しました!

内風呂1つで、露天風呂が狭いので、温泉として評価は今ひとつでしたが、夕食のしゃぶしゃぶバイキングと朝食バイキング、スカイレストラン飛行船からのゴルフ場と妙義山の眺望は最高でした。

部屋は10畳といいながら少し狭く、背もたれのイスがなかったのが残念ですが、清潔感があり快適に過ごせました。

妙義カントリークラブでラウンドする機会があったら、次回もこのホテルの宿泊を第一に考えたいと思います!

富岡製糸場へのアクセスも比較的に近いのが便利ですね。

\「日本のホテル100選」に選ばれたホテル/
この記事を書いた人
Avatar photo

普段は旅行業界向けにITコンサルをやっています!
趣味は旅行、ゴルフ、スノボ、サウナ、ジム。

豊かな人生を送るためには、良い情報を得ることが必要不可欠。

常に役に立つ情報を発信していきます!お仕事(店舗PR、広告掲載)のご依頼は当ブログのお問合せフォームまでお願いします。
柔軟に対応させていただきます。

ジョーをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ホテル国内地域から探す旅行を楽しむ関東
ジョーをフォローする
Triphapi(トリハピ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました