群馬・妙義カントリークラブのレストランはどう? コースレイアウトも紹介!

ゴルフを楽しむ
この記事は約12分で読めます。
ジョー
ジョー

こんにちは!(@chiropiyo0331)です。

どうも!コロナ禍になって、ゴルフ熱が強くなっているジョーです!

コロナ禍になってから生活様式が変わり、20代の若者もゴルフを始める人が多くなってきて、週末のゴルフ場探しも大変ですよね。

今日は、筆者が実際にラウンドしたからこそできる「妙義カントリークラブ」のゴルフ場のレストランをはじめした施設、ティーグラウンドから見たコースを紹介!

群馬県のゴルフ場を探している人」、「妙義カントリークラブがどんなゴルフ場か気になっている人」にとっては最適な内容になっていると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

\妙義山を見ながら優雅にプレー!/

妙義カントリークラブへのアクセス方法

「妙義カントリークラブ」は群馬県富岡市に位置し、株式会社アコーディア・ゴルフが運営しているゴルフ場です。

秀峰・妙義山の山懐に広がる妙義カントリークラブは、113万㎡の敷地を誇るチャンピオンコース

地形は全体的にフラットなので、ティー選択により、上級者からシニア、女性、ビギナーまで、豪快なショットを楽しむことができます。

晴れの日は、秀峰、妙義山を見ながら優雅にプレーすることができます!

距離は全体的に短めが多く、ロングホールでも460y、ショートホールも打ち下ろしが多いのでスコアg出やすく、シニア、レディースにも適したコースになっています。

「妙義カントリークラブ」へのアクセス方法は、車か電車+クラブバスの2パターンになります。

車でのアクセス

新宿駅から車で行く場合のルートです。

全行程は約2時間。スタート時間が8時の場合、1時間前の到着を目安として、5時出発になります。

平日の朝は通勤時間になるため、関越道の鶴ヶ島JCTの辺りは、特に交通量が多いです。渋滞はしませんが、少し速度を落として走行することも想定すると、もう少し早い出発が安全です。

上信越自動車道の松井田妙義ICより8㎞でクラブハウスに到着します。

ちなみに、軽井沢からは車で約30分のロケーションです。

電車でのアクセス

新宿駅から電車で行く場合のルートです。

電車の場合、新宿駅から東京駅へ向かい、北陸新幹線で高崎駅まで行きます。
高崎駅からは、信越本線で5駅先の最寄り駅である松井田駅で下車します。

松井田駅からは無料のクラブバスを利用します。クラブバスで約10分です。平日土日問わず、8:30出発です。

新宿駅から松井田駅までは5,350円で、交通費としては高額なので、都内からの電車移動はおすすめできません。

注意点

送迎バスは完全予約制です!
・帰りのバス予約は直接ゴルフ場のフロントで対応してくれます!

妙義カントリークラブの施設

ここからは「妙義カントリークラブ」の施設を紹介していきます。

ゴルフのラウンドが初めてという初心者でも迷わずに行動できるように、紹介していきたいと思います。

クラブハウス

車でゴルフ場に到着したら、クラブハウスの前でキャディーバッグを下ろします。

このゴルフ場は、セルフ営業になっており、自分でマスター室前までキャディーバッグを運ぶ必要がります。

玄関を入って直進すると、マスター室入り口が見えてくるので、反対側の外に出て右側にキャディーバッグ置き場があります。

受付

クラブハウスに入ったら、手前のゲストカード記入する台があるので、用紙に名前と住所を記入しましょう。その紙をもって、受付に渡すとチェックイン完了でロッカーキーが渡されます!

ロッカールーム

チェックインしたら、ロッカールームへ。男性は右側です。手前がトイレ、突き当たり奥が浴室になっています。

女性ロッカーは左手で、ゴルフ用品コーナーの奥です。

男性ロッカー室はこんな感じで、幅が若干狭いのが気になりますが、ベンチの数が多く、着替えるのもラクです。

ロッカーの横幅はそれほど広くないですが、一般的なゴルフ用ボストンバッグであれば入ります。

ゴルフウェアに着替えて、シューズを履いたら、トイレに行って、キャディマスター室のある反対側の外に出ます。

キャディマスター室

反対側の玄関口にキャディーマスター室があります。スコアカードやペン、マーカーが必要な場合は、こちらで準備します。
最近は、GDOアプリ等でスコアを記入・管理するのが一般的になってきましたね。

練習場は工事中のため、利用できませんでした。練習場は10Hと隣接しているようで、ドライバーの練習はできないそうです。これは残念ですね。

カート

乗用カートがこちら。
一般的なカートは、電動式でリモコン式ですが、こちらのカートは手動カートでリモコンはありません。

手動運転が苦手な人は無理をせず、運転うまい人にお願いしましょう。ホール間のカート道は曲がりや勾配が急で多少の運転技術が求められます。

この日は、フェアウェイへのカート乗り込みは不可でした。

練習パットグリーン

ラウンドする前に時間があればグリーンでパター練習できます。こちらはINコースの練習グリーン。

朝一のボールの転がりを確認する程度に留めるのが普通ですが、もちろん時間に余裕があればパッティング練習するのもよいですね。

ジョー
ジョー

いつも1.5m-2mパットの意識して、四方からそれぞれ打って、ボールの転がりをチェックするようにしています!

OUTコースの練習グリーンには、横にアプローチ練習できるグリーンもありました。

ゴルフ初心者がアプローチ練習すると、飛んでもない方向にボールが飛んで非常に危険なので、ある程度アプローチ練習して、慣れてきたから使用するのがおすすめです。

レストラン

ハーフ9Hをラウンドしたら、ゴルフ場の1つの楽しみでもあるランチ!
休憩時間はだいたい50分でした。1時間あると余裕あるんですけどね。

レストランは、だいたいクラブハウス内の階段を上がった2Fです。外にも階段があるので、外からもレストランに入れます!

お腹空いた!

入り口に角煮ラーメンと高菜ご飯、ロースかつカレーなどの看板メニューあります。

小高い丘に建つクラブハウスは、ヨーロピアン調の優雅さと和風のくつろぎを併せ持つ空間になっています。

ゴルフ場のレストランは綺麗・清潔なので、気分がよいですね。


メニューは冬仕様で、少ない印象ですが、定番のロースカツカレーやうどん、ラーメン、ステーキなどがあります。

この日は、北風が吹いて寒かったので、一番人気であろう石焼麻婆豆腐と春巻きセットの中華御膳にしました!

石焼鍋に豆腐1丁そのまま入っていて若干手抜き感があって、失敗したかもと思ったのですが、味は痺れる辛さがあり、おいしかったです。
決して甘めではないので、辛いのが苦手ならやめておいた方がよさそうです。

食事付きのプランで別途追加料金380円です。
最近食事付きといいながら、別料金を取るメニューやゴルフ場が増えてきましたね…。物価上昇だから仕方ない!

大きな窓からは、扇状に広がるコースと妙義山を一望!!

お風呂

男性の場合、ロッカールームから出て、中央の通路を直進した先に浴室があります。

今回ジョーは、ゴルフ場に併設されている妙義グリーンホテル&テラスに宿泊利用したので、ホテルの天然温泉に入りました。

妙義カントリークラブのプレー料金


プレー料金は、3B以上の昼食ありで最安平日3,990円、土日7,690円とかなり安いです。ハイシーズンになると、1,000円~3,000円値上がりします。

距離が少し短かったり、セルフ営業していたりして、接待ゴルフには不向きなので、ご注意ください。友人とワイワイ、家族で気軽に安くプレーするのに適しています。

\妙義山を見ながら優雅にプレー!/

妙義カントリークラブのコースレイアウト

最後に「妙義カントリークラブ」のコース紹介です。全ホールのティーショットからのアングルを掲載します!

OUTコースはレギュラーティーだと全長3028Yで、数値上よりも実際は短いコースが多いです。

ロングホールからショートホールまでバランスよく配された9ホールで、1番ホールが502yのロングホールになっています。

9番ホールは両サイドの池がポイントで、飛距離よりも方向性を重視した攻めで堅実に。

INコースもホワイトティ(レギュラーティ)は3028yでOUTコースと変わらずの飛距離。ショートホールも140y~150yで、平均スコア100-110台でもニアピンは取りやすい。

特徴的なのは18番ホールで、グリーンからセカンドまでのクリークをいかに避けるかがスコアメイクするためのポイントになるでしょう。

1番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
1番ホール55505245024904099

S字のロングホール。左右はそれほど広くないので、距離よりもドライバーの精度が求められる。右側は、9番ホールになっているので、右に飛んだら「フォアー」のかけ声を。

2番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
2番ホール320218416414610015

池越えのショートホール。池からグリーンまで距離があるので、池に惑わされず、しっかり打っていきたい。

3番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
3番ホール43953733523302543

左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットはフェアウェイ右サイド狙いだが、右には林があるので、狙いすぎには注意。セカンド地点からグリーンへはやや打ち上げになるので、大きめのクラブ選択が賢明。

4番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
4番ホール44083903673483087

セカンド地点から打ち下ろしのやや右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットはフェアウェイ左サイド狙いで、グリーンへは打ち下ろしをみて、グリーン左奥のOBに要注意。

5番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
5番ホール43933693523102471

左ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは中央もしくは右側狙らう。左林付近はセカンドショットが狙えなくなるので注意が必要。

6番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
6番ホール317515413011010313

やや打ち下ろしの池越えの名物となっているショートホール。グリーン手前の石積みに鬼面の彫り物があり、鬼に睨まれながらのショットになる。


木で見えにくいが、グリーン左にバンカーあって、グリーンの手前が池で、打ち下ろしなので、風も考慮しながらクラブ選択を慎重に行い、ショットの正確さがより求められるホール。

7番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
7番ホール437836234532126817

ストレートなミドルホール。ティーショットはフェアウェイ左サイド狙いで、右サイドはワンぺナ。

グリーンは奥行きがあるので、ピンまでの距離を要確認。

8番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
8番ホール551247745643832111

S字のロングホール。右側は安全だが、左側はすぐ林になっているので、コントロールが求められるティーショット。

9番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
9番ホール44003803603122485

ほぼストレートなミドルホール。フェアウェイは広いがティーショットは左右の池に注意が必要。

セカンドからはやや打ち上げがとなるため大きめのクラブで。

10番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
10番ホール440337235030128010

S字のミドルホール。パワーヒッターはコースなりに打っていく必要があるので、コントロールに自信がない人は、フェアウェイウッドもしくはロングアイアンで確実にフェアウェイに乗せていきたい。

11番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
11番ホール439237035029728816

左ドッグレッグのミドルホール。左ドッグレッグがきついので、ドローボールが打てない限りはドライバーの選択を避けて、200yを確実に飛ばせるクラブを選択するのが賢明。

12番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
12番ホール54983794594403684

ややS字となるロングホール。ティーショットは、バンカー右のフェアウェイ狙い。

グリーンまではなだらかな打ち上げが続くため、ピンまでは1つ大きめのクラブ選択が必要。

13番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
13番ホール3197177156120908

池越えのショートホールだが、グリーンは左右に広く、ワンオン狙いが可能。

14番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
14番ホール44374163953703032

距離のあるミドルホール。ティーショットは、フェアウェイ右サイドからグリーンまで攻めたい。セカンド地点からはやや打ち上げになるので、大きめに攻めたい。

15番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
15番ホール437235633732331214

やや右ドッグレッグのミドルホール。ティーショットは飛距離に応じて、フェアウェイ左サイド狙いで、セカンドは残り150~100yのフェアウェイからがベスト。

16番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
16番ホール32081651421259618

打ち下ろしのショートホール。グリーンが大きいので、ピンまでの距離をチェックしてから打つようにしたい。

17番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
17番ホール438736634332227612

ややS字となるミドルホール。ティーショットはフェアウェイ左サイド狙い。

セカンドからは右の林を避けながらグリーン花道方向から攻めたい。

18番ホール

ParBlackBlueWhiteGreenRedHDCP
18番ホール55645244964264086

やや距離のあるロングホール。ティーショットは、のびのびとフェアウェイ狙いで、グリーンまではなだらかな打ち上げが続くので、ピンまでは大きめで狙いたい。

まとめ

「妙義カントリークラブ」のコースレイアウト・レストランをはじめとした施設紹介はいかがでしたでしょうか。

都内からの電車移動は交通費が高くつくのでおすすめしませんが、マイカーであれば平日ラウンドは最安4,000円を切る破格値なので、安く気軽にゴルフしたければおすすめです。

グリーンは広く手入れがされていて特に気になることはありませんでした。

ホール全体的な所感としては、短めのホールが多くフェアウェイウッドまたはロングアイアンでティーショットを打たざるを得ないような狭いミドルホールもいくつかあり、少し物足りなさを感じました。

レストランは平均的な価格設定で、可もなく不可もなく、普通に美味しく食べられました。ゴルフ場によってはサラダバーやバイキング形式のレストランもあったりするので、それに比べれば見劣りしますが、料金が安いので、十分満足できるゴルフ場です。

ゴルフ場に隣接している宿泊施設も利用したので、よろしければそちらの記事をご覧ください。

この記事を書いた人
Avatar photo

普段は旅行業界向けにITコンサルをやっています!
趣味は旅行、ゴルフ、スノボ、サウナ、ジム。

豊かな人生を送るためには、良い情報を得ることが必要不可欠。

常に役に立つ情報を発信していきます!お仕事(店舗PR、広告掲載)のご依頼は当ブログのお問合せフォームまでお願いします。
柔軟に対応させていただきます。

ジョーをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ゴルフを楽しむ地域から探す関東
ジョーをフォローする
Triphapi(トリハピ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました