【東京・サ活】中目黒・光明泉のレビュー!混雑状況は?芸能人ご用達?

サウナを楽しむ
この記事は約6分で読めます。
ジョー
ジョー

こんにちは!(@chiropiyo0331)です。

今回ご紹介するのは、東京・中目黒駅から徒歩3分の場所にあり、創業40年以上の歴史をもつ銭湯「光明泉」(こうみょうせん)

2014年に銭湯建築家である今井健太郎氏によってリニューアルされて、露天風呂付きの最先端の銭湯として若者男女、芸能人に幅広く大人気!!

ということで、温泉・サウナ好きのジョーが実際に行ってきたので、光明泉」とはどんなところなのか、混雑状況も合わせてお伝えしたいと思います。

光明泉の基本データ


中目黒駅から徒歩3分に位置する「光明泉」は、2014年3月にリニューアルオープン。モノトーン調だった入口が、温かさを連想させるオレンジ基調のデザインに刷新。

「都会のオアシス」をコンセプトで、天然温泉と同じ炭酸泉を作り出す、こだわりの高濃度炭酸泉製造装置が導入されています!

高濃度炭酸泉、人口のラジウム泉、銭湯には珍しい露天風呂、水風呂、サウナを兼ねそろえた中目黒唯一の銭湯です。

高濃度炭酸泉は、筋肉痛や関節痛、腰痛の症状を和らげる効果があるよ!!

光明泉の場所

名称光明泉
住所〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-6-1
電話番号03-3463-9793
営業時間営業時間/15:00〜25:00(最終受付入場/24:30)
※定休日/不定休
公式HPhttp://kohmeisen.com/

光明泉の館内紹介

それでは、光明泉の館内紹介にいきましょう!

壁画は、メキシコの画家 Hilda Palafox氏に依頼して作成いただいたそうです。何頭身あるんだろうか、この女性。

光明泉のシューズロッカー

2Fの入口正面入ると、8×8の64個のシューズロッカーがある。特に高級感もなく普通の事務用ロッカー。

ハイカットのシューズやヒールの高い靴は一番下のロッカーに。右側には傘立て。

シューズキーはフロントに預ける。券売機はなく、ワクワクしながらそのまま館内へ侵入~!

脱衣所、浴槽内は撮影禁止の貼り紙が。撮影できるのは、館内のフロントまで。残念。(と思いきやフロントも撮影はお断り)

入口入って、すぐ左側で受付。直接利用したいメニューを伝えて前会計。今回は入浴料+サウナ+携帯用シャンプー、ボディーソープを購入して880円。

PayPay払いは、QRコードを読み取って支払い。

光明泉のエントランス

受付の後ろが、浴場へと続くエントランス。温かみのある木目調の壁に期待値がぐっとあがる!

毎週金曜日に男女お風呂の入れ替えシステムが採用されていて、一方には露天風呂が存在する。
Check
お風呂の入替スケジュールを確認する

湯のれんをくぐって脱衣所へ。とても清潔感のある館内なので、余計に気持ちが高揚してくる。

光明泉の風呂

お風呂は42℃のアツアツの人工温泉と38℃の炭酸泉。

まず炭酸泉に入って、血流を速めてからサウナに行くのが我流スタイル。

人工温泉は温度が高いので先にサウナでととのうことを優先に。

光明泉のサウナ

受付でもらった鍵を引っ掛けて引っ張るとサ室のドアを開ける。

高温の7名程度ドライサウナで温度計は90℃を指していた。中央にテレビがあり、1段目はL型の2段構成。

1段目は人の出入りによって、温度変化を受けるのでストレス。なるべく2段目を陣取ろう。

ビート版はなく、サウナマットは頻度には交換されない。気になる人はプライベートサウナマットをもっていこう♪

光明泉の水風呂

入り口付近に定員2名の水風呂有。座ることで全身を浸からせて一気にクールダウン。

水温は約18℃で平均的だが、バイブラが強く思ったより冷たく感じる。

光明泉の露天風呂

露天風呂は階段を上がった3Fにある。男女交代制

東横線のガタンコトン、ガタンコトンの音と共に外気浴をすることもできるらしい。これぞ、都会のオアシス!

光明泉のととのいスペース

浴室内の正面にととのい椅子が1つだけ。

露天風呂のある週に行くと3Fにととのい椅子が3脚あるので、存分に休憩することができる反面で、

露天風呂のない週に行くと、ととのう場所がないという欠点もある。

光明泉の脱衣所・パウダールーム

脱衣所は縦長で広く設計されていて、特段窮屈な感じはしない。

脱衣所のロッカーのカギはコイン不要で、左右に回転させることでロックがかかるタイプ。

ドライヤーは3分10円。スキンケア類の備品は設置されていない。

光明泉の休憩所・ラウンジ

休憩所は、受付横にある小スペースのみで、3つの椅子があるのみ。

通常は、サウナ待ちに使われていて、のんびり寛げるような休憩所と呼ばれるスペースはないと考えたほうがよさそうだ。

光明泉の混雑状況

多くの芸能人が中目黒に住んでいることから、光明泉に通っている芸能人も噂で聞くほどだ。

光明泉が混雑する日や時間帯はどうなっているのか?

男性に限り、光明泉が混雑するのは、平日であれば夜、土日祝であればほぼ全ての時間帯で混雑していて、受付待ちが発生している。

土日でも開店した直後から待ちが発生するほど人気っぷり。女性であれば比較的待たずに入れることが多いが、露天風呂の週の場合、夕方以降待つこともある。

実際土曜日の19時頃の訪問してみたが、5人待ちで15分~20分ほど待った

人数制限をしていても、サ室が狭く、数名のサウナ待ちも発生している。

洗い場は相対的に広く、混雑することはない。ととのいスペースは露天風呂がないと1脚しかなく計画的に利用できないが残念。

中目黒の桜イベント期間中は特に混雑!行くには相当の覚悟が必要!

光明泉の利用料金

料金は都内の他のリノベーション系銭湯と比較すると、サウナ料金が300円で安くなっている。

入浴料のみであれば、銭湯価格のため、480円。

その分シャンプーやリンス、ボディーソープは浴場には備えつけられていないので注意したい。

受付で使い切りタイプを買うことができるが、1個につき20円~60円。ノンシリコンシャンプーは60円。

種別大人料金
入浴料大人(中学生以上)480円
入浴料小学生180円
入浴料未就学児80円
サウナ利用300円
小学生90分180円

実際に利用してみた感想

中目黒から徒歩3分の好立地で、780円コスパ良し!しかしながら、好立地過ぎて常に混雑しているのが難点。

銭湯によっては、90分制や120分制のところもある中で、時間気にせずのんびりサ活できるのは嬉しいが、待ち時間も読みづらい。

サ室は比較的狭めでぎゅうぎゅうで、ととのいスペースは足りておらず、洗い場の椅子を代用する人もちらほら。

客層も若い人が多く、黙浴が禁止されていないのかしゃべり声が各所で聞こえていた。

混雑回避を狙って、露天風呂のない時に行ってみたが、次回は露天風呂のある日に再訪してみたい!

この記事を書いた人

普段は旅行業界向けにITコンサルをやっています!

趣味は旅行とスノボとジム。

豊かな人生を送るためには、良い情報を得ることが必要不可欠。

常に役に立つ情報を発信していきます!

ジョーをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サウナを楽しむ
ジョーをフォローする
Triphapi(トリハピ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました