【東京・サ活】新宿テルマー湯の徹底レビュー!混雑状況は?

サウナを楽しむ
この記事は約10分で読めます。

今回ご紹介するのは、東京の新宿駅から徒歩約9分、歌舞伎町にある天然温泉「テルマー湯」

一昔前に、映画「テルマエ・ロマエ」が流行りましたね。テルマエは、ラテン語で「ローマの浴場」という意味でローマの浴場から着想されてます。

戦争で疲れ果てた兵隊が癒やすの同じように、このテルマー湯でも癒してほしいという思いが込められているようです。

温泉・サウナ好きのジョーが実際に行ってきたので、古代ローマの浴場をモチーフとした「テルマー湯」とはどんなところなのか、混雑具合も合わせてお伝えしたいと思います!

\都内最大級のプレミアム・スパ体験/

テルマー湯の基本データ

東京・新宿駅から徒歩約9分、新宿三丁目駅から最短徒歩2分で位置する「テルマー湯」は、2015年の8月にオープンし、都心最大級と言われるプレミアムな24時間営業スパ施設。

地下2階から地上4階まで全て「テルマー湯」が運営しているフロアとなっており、古代ローマのテルマエの浴場を連想させるような内装で、とてもオシャレで、ひとり女性でも気軽に立ち寄りやすい。

露天風呂の湯は、中伊豆から天然温泉を毎日のように運ばれてくる。これは衝撃的だ。

テルマー湯の場所

名称東京新宿天然温泉テルマー湯
住所160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−2
電話番号03-5285-1726
営業時間24時間営業
公式HPhttps://thermae-yu.jp/

テルマー湯への行き方

新宿テルマー湯への複数の行き方があります。

・JR 新宿駅 下車 ・東京メトロ副都心線、都営大江戸線 東新宿駅 下車
・都営新宿線、東京メトロ丸ノ内線・副都心線 新宿三丁目駅 下車

王道の行き方は、JR新宿駅から行く方法で徒歩約9分ですが、人混みの中を大通りを駆け抜けていくことになり天候にも左右されやすいので、あまりおすすめしません。

最もおすすめする行き方として、丸ノ内線・副都心線新宿三丁目駅からの徒歩約2分の裏ルートです!

まずは、新宿三丁目駅を降りたら、E1出口を目指します。

E1出口から地上に出ると、左手に新宿区役所第二分庁舎(分館)が見えるので、その左脇を通ります。

新宿区役所第二分庁舎(分館)の脇の通路を50m弱 直進します。

正面にオレンジ色の新宿ゴールデン街の看板が見えたら、通りを右に曲がります。

テルマー湯から最も近いコンビニ。直進したら、もうすぐそこです。

左側に緑字でテルマー湯と書かれた看板が見えてくれば到着〜!

テルマー湯の館内紹介

続いて、テルマー湯の館内紹介です!

テルマー湯に入ると、右側にシューズロッカーがあるのでシューズを脱いで、ロッカーに入れましょう。

1F:テルマー湯のフロント・ロッカールーム

ゲートをくぐり抜けて、フロントで受付を済ませます。

館内と利用料金の説明を受けます。複数回利用される人は会員登録すると入館料が安くなります。

リンネカウンターがフロントのすぐ横にあるのですが、この日は受付で、館内着セットを受け取りました。

ロッカールームの入り口は、ローマのテルマエを連想させるようなホワイトな造り。

浴室は2Fになっていて、まずはロッカールームで館内着に着替えます。間違っても裸にならないように。

ロッカールームは、ずらっと両サイドにたくさん配置されています。長椅子などはなく、少し横幅が狭い。

ロッカーのカギは最新のタッチ式で、黒いところにタッチすると音がなり、ロックされます。

1Fのロッカールームを入ると、すぐパウダールームがあります。メイクスペースにイスがあるのもうれしいポイントですね。

 POLAのスカルプケアーローションが置いてます。ヒアルロン酸(保湿成分)で素早くケアできます!

2F:テルマー湯のスパ・温泉

階段を上がるとスパエリア。ロッカールームは右側が男性だったけど、スパは左側が男性。間違えないように。(笑)

ロッカールームには、ハンドタオルがあり、浴室には、ボディタオル、カミソリ、歯ブラシが置いてあります。至れり尽くせり~。

テルマー湯 公式Twitterアカウントより引用

こちらは、たくさんの炭酸(二酸化炭素)が溶け込んだ高濃度炭酸風呂。炭酸の効果によって、毛細血管が膨張して、より血行を促進する効果があります。

温度は38℃くらいで、少し長めに浸かることできる、ぬるま湯の設定です。

テルマー湯 公式Twitterアカウントより引用

続いて泡風呂。ジェット噴射されているお湯に身体を当てると、マッサージ効果によって、いつもより血行が促進されて、代謝がアップ!

こちらもぬるま湯で長い間入っていても、のぼせることはなさそうです。

テルマー湯 公式Twitterアカウントより引用

そして、お待ちかね!ドライサウナ。

温度は約92~93℃で、対流式で、自動ロウリュが定期的に行われことでサウナ室は暑い!!中央にはテレビもあってサウナ時間を忘れてしまうほど。

月曜日と火曜日は、サウナDAYで温度が5℃アップして、98℃になるよ!

テルマー湯 公式Twitterアカウントより引用

サウナ後は、当然水風呂!

15℃くらいでけっこう冷た目だけど深さはちょうど良き。日本初の唐辛子水風呂!くぅ~気持ちいい。

テルマー湯 公式Twitterアカウントより引用

中伊豆から毎日運搬されてくる露天風呂。露天のお湯は、体感42~3℃くらいと高温に設定されていました。

肌をしっかりと包み込むお湯と言われていて、別名「美人の湯」とも呼ぶそうですよ。

周りには、ととのい椅子がたくさんありましたので、ゆっくりと外気浴ができますね!

3F:テルマー湯のラウンジ

3Fには、広々としたラウンジコーナー。

奥には、高級感溢れる大人向けのプレミアムラウンジも用意されています。コンセントとWi-Fi完備。(別料金は発生しません。)

テルマー湯といえば、人気のロウリュウイベント!

白樺の枝葉を束ねた「ヴィヒタ」を使用して、白樺の香り楽しめる!まるで森林浴のよう。

4F:テルマー湯のヒーリングテラ

テルマー湯 公式Twitterアカウントより引用

4Fには、天然ミネラルを含んだ岩塩で岩盤浴で、こちらは約52℃。他にも黄土ヒーリング、アロマヒーリング、ロウリューヒーリングなど3種類の岩盤浴があります。

マイナスイオンを出すことで、血行促進・疲労回復の効果がありますよ~。

岩盤浴の料金

・料金は825円で営業時間は12:00~24:00です。

B1F:テルマー湯のレストラン

テルマー湯には、2つのレストランが存在します。

・からんころん エスニック居酒屋ベジ&ヌードル
・山水草木

からんころん エスニック居酒屋ベジ&ヌードルは、アジア各国(タイ、ベトナム、シンガポールなど)のエスニック料理で、香辛料や調味料をふんだんに使われたパンチの効いたメニューが豊富です。

タイのトムヤム・ヌードル、ガパオライスやベトナムの鶏肉と野菜のフォーの単品メニューから、『チャイニーズ点心セット』、『エスニックヌードルセット』のセットメニューもあり、その時のお好みで選べるのが良いですね。

注意点

・からんころん エスニック居酒屋ベジヌードルは、2022年2月現在営業を中止しています。

もう一方の山水草木は和食レストランで、掘りごたつなどの個室も用意されていて、レストラン内でも快適に過ごせる空間です!

気になるサ飯メニューは、ドーン!

お酒のおつまみの一品料理から、揚げ物、うどん、お寿司まで。

値段は、一品物で500円前後、単品メニューで1,100円~1,600円まででやや高めに設定されています。

まぐろ丼、ネギトロ丼、いくら丼、明太子ご飯などのミニ丼も用意されているので、女性のお腹にも優しいですね。

注文したのは、親子丼1,100円。この場では、ロッカーキー番号だけを伝えて、後会計です。

親子丼は定食になっていて、お新香と味噌汁が付きます。卵はトロットロとまではいかないですが、程よくタレが浸み込んでいて、味も食感もちょうどよかったです!

B2F:テルマー湯のラウンジ&リラクゼーションルーム

地下2階には、吹き抜けで広々としたリラクゼーションルームがあります。

コンセントもあるので、スマホの充電もできます。

数は少ないですが、新聞・雑誌コーナーもあります。じゃらんのバックナンバーがたくさん。

近くにはテルマー湯バーがあり、氷点下生ビール、各種カクテル、ソフトドリンクを販売しています。

コロナウィルス感染症対策の観点から、2022年2月時点は、バーの営業していませんでした。

ボディケア、フットケア、タイ古式のマッサージを受けたい場合はこちらのデスクで受付します。

アユタヤは、指圧とストレッチで深いリラックス効果を感じることができるタイ古式マッサージ。

料金は、お試しコース40分で約5,400円、スペシャルコースは120分で約13,000円です。

テルマー湯の混雑状況

新宿の歌舞伎町という素晴らしい立地にあるテルマー湯。

気になるのが、混雑具合ですよね。せっかく休みの日にリラックスしにきたのに、混んでいたりするとうんざりするものです。

テルマー湯が混雑する日や時間帯はどうなっているのでしょうか?

テルマー湯が混雑する日は、平日(金曜夜を除く)よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては午後〜夕方、土曜日は夜遅くまで混雑しやすくなっています。

土曜日のお昼前から入館しましたが、受付は全く混んでおらず、浴場やサウナもまばらで快適に利用できましたが、午後~夕方にかけては、サウナ待ちになるほど混んできました。

現時点は、水際対策もなされていることから、外国人利用者も少ないですが、アフターコロナになると、コロナ前と同様にさらに混んでくる可能性があるので、時間があるときに利用してみたいところです。

比較的空いているのが、平日の日中、土日祝であれば朝~午前中だね!

テルマー湯の利用料金


これだけ豪華な館内施設で都心ド真ん中にあると気になるのが、料金体系ですよね。

一回の日帰り温泉・スパ利用のかかる料金ですが、みなさんはどれくらいを想像しますか?

物価高騰、人件費高騰の波を受け、温泉・スパ業界も例外なく、値上がり傾向ですね。

種別大人(中学生以上)
会員料金
大人(中学生以上)
一般料金
平日
※12時間利用
2,185円2,405円
休日
※12時間利用
3,065円3,285円
延長料金(30分毎)330円330円
日〜木
深夜早朝料金
+1,650円+1,870円
金・土祝前日・特定日前日
深夜早朝料金
+1,870円+2,090円
ヒーリングテラ(岩盤浴)(12:00~24:00)825円825円

休日は割増料金は、+880円と高額です。ちなみによく比較対象となる東京ドーム天然温泉 Spa LaQuaでは+550円。

「テルマー湯」は高いですね。混雑緩和の目的もあるでしょう。

テルマー湯のクーポン利用はあるの?

都内を中心にスパの料金は、人件費の高騰も影響されて、年々高くなる一方…。

少しでも安く、スパを利用できたら嬉しいですよね!

今なら、テルマー湯の会員になっていなくても一般料金2,405円2,185円で利用できるクーポンや、テルマー湯入館料+ベテラン確約ユーロフィアアロマオイルカスタム90分3,795円割引になるクーポンが入手できますよ。

\都内最大級のプレミアム・スパ体験/

実際に利用してみた感想

実際に利用してみた感想としては、レストランと土日祝料金がやや高めだが、価格を除けば、総じて満足!

内観は普通のスパと異なり、古代ローマのテルマエ浴場を連想させるような白を基調とした爽やかなイメージで、空間にいるだけでもリラックス効果を体感!

新宿歌舞伎町のガヤガヤした感じは一切なく、後楽園ラクーアほどの賑やかもなくも程よい感じ。

新宿で仕事帰りにぷらっと行ける人が羨ましいと思いつつ、また再訪したい場所です。

この記事を書いた人

普段は旅行業界向けにITコンサルをやっています!

趣味は旅行とスノボとジム。

豊かな人生を送るためには、良い情報を得ることが必要不可欠。

常に役に立つ情報を発信していきます!

ジョーをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サウナを楽しむ
ジョーをフォローする
Triphapi(トリハピ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました